若山牧水賞【若山牧水賞運営委員会】

文字サイズ変更文字を小さくする文字を元の大きさに戻す文字を大きくする

ホーム > 歴代受賞者 > 第26回若山牧水賞(2021年)黒瀬 珂瀾

歴代受賞者

第26回若山牧水賞

受賞者 黒瀬 珂瀾 くろせ からん

(歌人。富山県富山市在住)
昭和52年7月22日 大阪府生まれ
大阪大学大学院文学研究科修士課程修了

黒瀬 珂瀾
受賞作品 歌集『ひかりの針がうたふ』(第4歌集)
◎発行所/書肆侃侃房
◎発行年月日/令和3年2月1日
~自選15首~
光漏る方へ這ひゆくひとつぶの命を見つむ闇の端より
余したる離乳食わが白米にかけて済ませる朝餉のあはれ
父われの胸乳むなぢをひたに捻りゐる娘よ黄砂ふる夜が来る
言葉を五つ児が覚えたるさみしさを沖の真闇へと流して帰る
線量を見むと瓦礫を崩すとき泥に染まりしキティ落ち来ぬ
生なべて死の前戯かも川底のへどろ剝がれて浮かびくる午後
熱の児が眠りゆきつつしがみつくわれはいかなる渡海の筏
冬田を削る男らの影とほく見てわが被曝けふ10 μSv マイクロシーベルト
行き交へるバスどのバスも服青き男ひしめき1Fへゆく
かもめ散る朝、歩みきて青年は誦せり無花果枯らすくだり
けふひとひまた死なしめず寝かしつけ成人までは六千五百夜
妻と児を待つ交差点 孕みえぬ男たること申し訳なし
早鞆はやともの瀬戸に朝霧晴れゆけば昨夜の訃ひとつ潮に光るも
阿蘇の陽に首照らされて妻は立つ旅嚢を分かつひとのゐること
児は遠き弥生の野火を見つめをり外輪山を背にして抱けば
受賞歴 平成10年 中部短歌新人賞受賞
平成15年 歌集『黒耀宮』で第11回ながらみ書房出版賞受賞
平成28年 歌集『蓮喰ひ人の日記』で第14回前川佐美雄賞受賞
令和3年 第38回とやま賞受賞
作歌活動 短歌結社「未来短歌会」会員。
同人誌[sai]同人。「鱧と水仙」同人。
歌誌「未来」選者。「読売歌壇」選者。

歌集:『黒耀宮』『空庭』『蓮喰ひ人の日記』
その他著書:『街角の歌』など