若山牧水賞【若山牧水賞運営委員会】

文字サイズ変更文字を小さくする文字を元の大きさに戻す文字を大きくする

ホーム > 歴代受賞者 > 第23回若山牧水賞(2018年)穂村 弘

歴代受賞者

第23回若山牧水賞

受賞者 穂村 弘 ほむら ひろし

昭和37年 北海道生まれ
上智大学文学部英文学科卒業

穂村 弘
受賞作品 歌集『水中翼船炎上中すいちゅうよくせんえんじょうちゅう
◎発行所/講談社
◎発行年月日/平成30年5月21日
~自選15首~
猫はなぜ巣をつくらないこんなにも凍りついてる道をとことこ
それぞれの夜の終わりにセロファンを肛門に貼る少年少女
天皇は死んでゆきたりさいごまで贔屓の力士をあかすことなく
超長期天気予報によれば我が一億年後の誕生日 曇り
髪の毛をととのえながら歩きだす朱肉のような地面の上を
ゆめのなかの母は若くてわたくしは炬燵のなかの火星探検
あ、一瞬、誰かわかりませんでした 天国で髪型を変えたのか
吐いている父の背中を妻の手がさすりつづける月光の岸
鬼太郎の目玉おやじが真夜中にさまよっているピアノの上を
真夜中に朱肉さがしておとうさんおかあさんおとうさんおかあさん
さらさらさらさらさらさらさらさらさらさら牛が粉ミルクになってゆく
君と僕のあいだを行ったり来たりしてガリガリ君は夏の友だち
ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜
あいしあうゆめをみました 水中でリボンのようなウミヘビに遇う
海に投げられた指環を呑み込んだイソギンチャクが愛を覚える
受賞歴 平成20年 『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞受賞
「楽しい一日」で第44回短歌研究賞受賞
平成25年 『あかにんじゃ』で第4回ようちえん絵本大賞特別賞受賞
平成29年 『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞受賞
作歌活動 歌誌:「かばん」会員。日経歌壇選者
歌集:『シンジケート』『ドライ ドライ アイス』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』
その他著書:『短歌の友人』など