若山牧水賞【若山牧水賞運営委員会】

文字サイズ変更文字を小さくする文字を元の大きさに戻す文字を大きくする

ホーム > 歴代受賞者 > 第6回若山牧水賞(2001年)河野 裕子

歴代受賞者

第6回若山牧水賞

受賞者 河野 裕子かわの ゆうこ

昭和21年 熊本県生まれ
京都女子大学文学部国文科卒業
平成22年死去

河野 裕子
受賞作品 歌集『歩く』(あるく)
◎発行所/青磁社
◎発行年月日/平成13年8月20日
~自選15首~
捨てばちになりてしまへず 眸のしづかな耳のよい木がわが庭にあり
さびしさよこの世のほかの世を知らず夜の駅舎に雪を見てをり
白萩に白萩こぼるるひるつかた遠くまで陽が照り追憶に似る
ああ眠いああ眠いと茶碗の中に落ちるやうにぞ子は飯を食ふ
露地裏に夕顔咲かせて前の世は小さな無口の婆さんであった
日と月と空にありしが昏れむとし山の方より風の吹き来る
うすあをい大きな傘を買うて来て廊下から部屋へさして歩けり
長くてもあと三十年しか無いよ、ああ、と君は応ふ椋の木の下
選歌して眠たくなれば下りてゆく階下にも一人が選歌してをり
母の名は君江さんなりわれを待つ陽あたりのよい木戸口あけて
わが母はこのひと一人木戸口の閂閉めゐる母が母なり
賢くならんでよろしと朝のパン食ひつつあなたが私に言ふ
椅子の中に小さくまとまりてわたしなり入院までに何枚を書く
歩くこと歩けることが大切な一日なりし病院より帰る
あづき煮て病む身養ふことことことこと人のこころに近づく
受賞歴 昭和44年 『桜花の記憶』により第15回角川短歌賞受賞
昭和52年 歌集『ひるがほ』により第21回現代歌人協会賞受賞
平成10年 歌集『体力』により第8回河野愛子賞受賞
平成13年 歌集『歩く』により第6回若山牧水賞受賞
作歌活動 昭和39年「コスモス」入会、昭和42年、京都の学生による同人誌「幻想派」に参加。平成2年からは「塔」に入会し、現在「塔」選者

歌集: 『森のやうに獣のやうに』『ひるがほ』『桜森』 『はやりを』『紅』『歳月』『体力』『家』『歩く』
評論集: 『体あたり現代短歌』
エッセイ集: 『みどりの家の窓から』『現代うた景色』ほか