若山牧水賞【若山牧水賞運営委員会】

文字サイズ変更文字を小さくする文字を元の大きさに戻す文字を大きくする

ホーム > 牧水の生涯

牧水の生涯

1885~1905年

1885~1905年|1906~1925年1926~1938年

1885年(明治18年)   8月24日、現在の宮崎県東臼杵郡東郷町大字坪谷3番地に若山立蔵、マキの長男として生まれ、繁と命名された。
1890年(明治23年) 5歳 2月、医師である父立蔵が隣村の西郷村に招かれたため、一家と共に同村田代字小川に移る。
1892年(明治25年) 7歳 4月、田代尋常小学校に入学したが、まもなく東郷町羽坂尋常小学校に転校、秋には一家と共に坪谷に帰り、坪谷尋常小学校に転校する。
1896年(明治29年) 11歳 3月、坪谷尋常小学校卒業。5月、延岡高等小学校第1学年に入学。宮崎師範卒業で、優れた文章家であった日吉昇の受持となり、影響を受ける。
1898年(明治31年) 13歳 3月、母と義兄河野佐太郎につれられて、金比羅参りと大阪見物をする。
1899年(明治32年) 14歳 3月、第3学年修業。この春できたばかりの県立延岡中学(現在の延岡高校)に成績優秀で入学、寄宿舎生活を始める。詩歌を深く理解する山崎庚午太郎校長の影響を受ける。
1901年(明治34年) 16歳 2月に延岡中学校友会雑誌第1号が出て、牧水も短歌や小品文を発表。また、東京発行の雑誌「中学文壇」に投稿し入賞、級友たちを驚かす。寄宿舎を出て下宿。
1902年(明治35年) 17歳 2月、同級の大見達也、大内財蔵(後の平賀春郊)、直井敬三らと回覧雑誌「曙」を出す。また、9月には短歌研究のために野虹会を起こし、同級生以外の小野 葉桜らも加わる。11月、阿蘇登山の修学旅行。この年、宮崎の「日州独立新聞」や東京の文芸雑誌「新声」などに盛んに投稿。
1903年(明治36年) 18歳 4月、第5学年に進む。5月、校友会雑誌部部長となる。新任の英語教師柳田友磨は牧水の詩才を認め、文学に専念することを勧めた。この秋頃から牧水の号を使い始める。
1904年(明治37年) 19歳 卒業後の志望について悩むが、3月に入り早稲田大学英文科入学を決意。同月末、延岡中学を卒業。4月、一旦家に帰った後、上京。早稲田大学文学科高等予科 に入学した。5月、本郷西片町に尾上柴舟を訪問する。6月、教室で同じ九州出身の北原白秋(当時射水と号していた)と知り合う。同級の中村蘇水とも親し く、3名で「早稲田の三水」と呼ばれる。
1905年(明治38年) 20歳 1月、尾上柴舟を中心に、正富汪洋、前田夕暮等と「金箭会」をおこすが、数ヶ月で「車前草社」となり、まもなく三木露風、有本芳水も加わる。6月末、高等予科の課程を修了して坪谷に帰省。8月末に上京。

1906~1925年

1885~1905年|1906~1925年|1926~1938年

1906年(明治39年) 21歳 英文科の同級生らと回覧雑誌「北斗」を発行。6月末に帰省。日向の海岸を日高秀子らと歩いたりした。故郷の家は父が財産をなくし母は病床にあった。牧水自身もしばらく病床に臥せったが、9月中旬に上京。
1907年(明治40年) 22歳 春頃、園田小枝子との交際が始まる。6月下旬、帰省の途につく。岡山、広島など中国地方を旅行し、7月中旬に坪谷の家に帰ったが、数日後には県南の青島、油津、都井に旅行。8月末に上京。10月頃には、牧水は東京に永住し、文学者になることを本気で決心する。 一方、小枝子との恋愛は熱烈に進行。11月日向出身の友人である日高秀子の死を悲しむ。12月の終わりから小枝子と千葉県の根本海岸に滞在。
1908年(明治41年) 23歳 4月、小枝子と百草園に泊まる。7月5日、早稲田大学文学部英文学科を卒業。その直後に第1歌集『海の声』を出版。同月下旬から土岐善麿と軽井沢に遊び、 それから1人碓氷峠を越えて帰京。9月下旬、大学卒業後初めて帰省、同月末に上京。この頃、文学雑誌の発行を計画。12月末には小枝子を迎えるための家を 用意する。
1909年(明治42年) 24歳 結婚問題も雑誌創刊も行きづまる中、苦悶しながら1月下旬から千葉の布良の海岸に遊ぶ。6月、小枝子と前年に遊んだ百草園に1人行く。7月から年末まで新聞社に勤務。
1910年(明治43年) 25歳 1月、第2歌集『独り歌へる』を出版。3月、牧水編集の詩歌雑誌「創作」発刊。4月、第3歌集『別離』を出版して好評を博し、注目歌人となる。しかし、小枝子との問題が解決できず、苦悩の日々が続く。9月から11月まで、山梨、長野などへの長い旅に出る。
1911年(明治44年) 26歳 春頃、5年に及んだ小枝子との問題が彼女の離京によって終わりを見た。夏頃、太田水穂宅で初めて太田喜志子に会う。9月、第四歌集『路上』を出版。その後、相模への旅に出る。
1912年
(明治45年~大正元年)
27歳 3月、長野へ旅行し、実家に帰省していた太田喜志子と会い結婚を申し込む。4月13日、友人石川啄木の死に立ち会う。5月、「創作」に代わる短歌雑誌「自 然」を創刊するが経済的に行きづまり1号だけに終わる。5月5日、上京して来た喜志子と結婚。同月末、牧水は三浦半島に旅行。7月20日、故郷の父危篤の 電報を受け取り、25日に帰郷。9月、第5歌集『死か芸術か』を出版。故郷にとどまるか東京に出て行くかを激しく苦悶する。11月14日、父立蔵死亡。
1913年(大正2年) 28歳 1月初めより2月初めにかけて、九州沿岸を旅行。2月下旬、母より上京の許可。3月中旬、美々津の海岸に小野葉桜と遊ぶ。4月24日、長野県の妻の実家で 長男が生まれ、旅人と名付ける。5月中旬、出郷。6月、東京で妻子との家庭生活が始まる。8月、「創作」を復活。九月、第6歌集『みなかみ』を出版。
1914年(大正3年) 29歳 4月、第7歌集『秋風の歌』を出版。12月、「創作」の経営行きづまり休刊、人見東明の「創造」に合併することとなる。
1915年(大正4年) 30歳 3月、病気の妻のため、神奈川県三浦郡に転居。10月、第8歌集『砂丘』を出版。11月27日、長女みさき誕生。
1916年(大正5年) 31歳 6月、第9歌集 『朝の歌』を出版。12月、三浦郡から東京に引きあげる。
1917年(大正6年) 32歳 2月、「創作」を復活発行する。4月中旬、故郷の老母が上京し、約1ヶ月滞在。8月、妻喜志子との合著の第10歌集『白梅集』を出版。
1918年(大正7年) 33歳 1月、鎌倉、沼津、伊豆土肥温泉に遊ぶ。4月22日、次女真木子誕生。5月、第12歌集『渓谷集』を出版。7月、第11歌集『さびしき樹木』を出版。
1920年(大正9年) 35歳 8月、静岡県沼津に転居。
1921年(大正10年) 36歳 3月、第13歌集『くろ土』を出版。4月26日、次男富士人誕生。
1923年(大正12年) 38歳 5月、第14歌集『山桜の歌』を出版。
1924年(大正13年) 39歳 3月、長男旅人を伴い、九州各地を旅行して、坪谷に帰る。4月12日、父の13回忌法要を営み、16日、母を伴って故郷を発ち、沼津に帰る。母は1ヶ月間 沼津に滞在。住宅兼雑誌発行事務所を建てる資金集めのため、短冊半折揮毫頒布会を計画、9月に第1回目を沼津で、11月には東京で開催する。
1925年(大正14年) 40歳 1月、妻と共に大阪で揮毫頒布会を開催する。2月には沼津に約500坪の土地を買い、新居の建設に取りかかり、10月には落成し入居する。12月、九州各地を旅行の後、都農町に長姉を訪ね、老母と2人の姉を伴って別府温泉に遊ぶ。

1926~1938年

1885~1905年1906~1925年|1926~1938年

1926年
(大正15年~ 昭和元年)
41歳 5月、長年の夢であった詩歌総合雑誌「詩歌時代」を創刊、各方面から賞讃を受ける。8月、千本松原伐採処分問題で、反対運動の先頭に立つ。「詩歌時代」経営困難のため、10月号限りで廃刊となり、欠損補填のため、各地を巡り、苦しい揮毫旅行を続ける。
1927年(昭和2年) 42歳 5月、妻と共に朝鮮揮毫旅行に発つが、疲労と足を病み、7月、朝鮮から帰る。その途中で九州を旅行して坪谷に帰り、老母を見舞い、父の墓参りをする。同月末に沼津に帰ったが、健康のすぐれぬ状態が続く。
1928年(昭和3年) 43歳 9月初旬から病床に臥し、13日には急性腸胃炎兼肝臓硬変症で医師から重体の宣言を受ける。17日、沼津の自宅で永眠。遺骨は沼津の乗運寺内の墓地に埋葬される。法名は古松院仙誉牧水居士。
1938年(昭和13年)   9月、妻喜志子と牧水の高弟大悟法利雄により、第15歌集『黒松』が出版される。

※大悟法利雄著「若山牧水伝」(短歌新聞社)及び伊藤一彦著「若き牧水」(鉱脈社)を参考にしました。